TOPS IN TAPS

 1981年アメリカで出版されたアンミラーの本です。自分が高校、大学生の頃、洋書屋さんに行くと、この手の映画スターの本が並んでいて欲しくてたまらなかったが、5〜6000円したりして、とても買えなかった。のちにアメリカで生活をしている時、古本屋でこういう本が5〜7ドルで買えちゃうから僕には天国だった。アンミラーの主演映画が年代順に224ページにわたり載っている。カラーは表紙だけだが写真が沢山載ってます。アンミラーと言えば「イースターパレード」の「Shaking the blues away」で最高のタップナンバーを残しているが、それまでにすでに23本映画に出演していたことは一般にはあまり知られていない。映画会社と契約する為に14歳を18歳と嘘をついていたらしい。1837年RKOと契約して11本、1941年にCOLONBIAに移り12本出ている。しかしここまでの彼女の映画はB級ばかりであった。(ヒット作品もあるが、少なくてもミュージカルスターとしてブレイクしていない。)もし彼女がこの後MGMと契約をしてなかったら、一流にはなれなかったでしょう。僕はアンミラーの初期の作品を2〜3本しか見てませんが、レベル的にはその頃からすごかったと思います。でも印象に残らないんです。それがMGMの手にかかると忘れられない様な傑作タップナンバーになってしまう。MGMのスタッフはまるで材料の良さを引き出す料理人のようだ。グラマーなボディ、セクシーな雰囲気をかもし出しながら、豪快で力強いタップを踏むアンミラー。女性らしさを出すダンサー、ボーイッシュなタップをやるダンサーはいるが、両方を備えた女性タップダンサーって以外といないかもしれない。

前に戻る

書籍メインに戻る

次を観覧する
inserted by FC2 system