TAP TECHNIQUE CLASS

 ジャケットの裏に書いてあるアートストーン氏のプロフィールを見ると「タップ、ジャズダンス、ボールルームのインストラクターで、過去7年間に渡り[Dance Caravan USA]というグループでアメリカを回わる。また地方のミュージカルなどにも時たま出演し、[Bye Bye Birdie!]の振付や、[Pajama Game]で踊ったこともある。彼の父はJULES STONEである」と書いてあります。Jules Stoneって誰?

 STATLER RECORDSは、HOCTORなどと同じくらいよく目にするダンス用レコードのレーベルです。このレコードは[PRE-SCHOOL] [BEGINNERS] [INTERMEDIATE] [ADVANCED] と4枚出ている内の1枚[INTERMEDIATE]です。


 中に左のような練習用のステップが記されている紙が3枚入っています。Side Aは基本のステップ(シャッフルやフラップなど)で、Side Bは短いコンビネーションになっています。レコード自体にはストーン氏の解説などは収録されてません。教則用レコードには、ステップの解説の紙が付いてくることが多いのですが、これを解読するのがけっこう時間がかかり、めんどくさいのである。時間があったら一度全部ステップをおこして、ビデオに撮っておこうと思うのですが、そんなことなかなかできません。

 STATLER RECORDSレーベルのレコードを何枚か持ってますが、この手の教則用レコードにしては、演奏がとても良くて、僕は自分のクラスにも何曲か使用しています。

前に戻る

レコードメインに戻る

次を観覧する
inserted by FC2 system