SMILE & TAP With DANNY AND AL

 ダニーホクタ−とアルギルバートが共演!?したレコード。といっても二人がいっしょに踊っているパフォーマンスの収録物ではなく、練習用、パフォーマンス用の曲が入っているレコードです。ダニーはHOCTOR RECORDSの、アルはSTEPPING TONES RECORDSの顔(社長と言っていいのかな?)、どちらもダンス用専門レコードの大手レーベルだが、この二人がなぜ仲良く顔をそろえてレコードを出したのかは不明。(プライベートで交流があったのか、師弟関係なのか、しがらみで作ったのか、いろんな可能性はありますが)[SMILE & TAP]とタイトルされたこのLPには、SMILEが付く題名の曲が集められている。

Side A: You're Never Fully Dressed without a Smile / The Shadow of Your Smile / Smile Smile Smile / When You're Smiling / A Smile is a Good Beginning.

Side B: With a Smile and a Song / Smile Medley (Smile Darn ya, Smile / There are Smiles /Pack up your Troubles... / When Irish Eyes are Smiling / When my Baby Smiles at Me / Let a Smile be Your Umbrella and the side finishes with an original song Smile and Tap with Danny & Al

 11曲中5曲は女性のボーカルが入っています。歌手の名前はどこにも書かれていません。失礼だがあまりお上手ではない。その力の抜けたカラオケチックな歌を聞いてると、肩の力が抜けてコリがほぐれます。B面の最後には、この女性のボーカルで[Smile & Tap with Danny & AL]というオリジナルソングまで入っている。これが傑作!「笑顔でタップ!悩みも吹き飛ばそう!ダニーとアルも上々よ。......笑顔でタップ!あなたもトップ。踊り続けて、止まっちゃダメよ。ステージにテレビにショーにだってバッファローでいけば間違いなしよ。.....ダニーとアルがタッピンボーイとガール達に喜びを運んでくるのよ!」みたいな歌詞なんです。NHK教育番組的なあざとさが際立っているこの曲をダサ〜いと思いながらも、また聞きたくなってしまう僕でした。

SMILE AND TAP WITH DANNY AND AL 歌詞

Smile and tap your troubles away Danny and Al you gonna be ok.
Doing a clog or buck and wing or any other hoofing things
Smile and tap and you'll be on top.
Keep rhythm going. Don't you ever stop.
On the stage, TV or in a show, you can't go wrong with a buffalo.
Just like Danny do your puttin' on the Ritz or one of his many other hits.
Just like Al do your funky tap and listen to and say let's shuffle and flap.
Smile and tap and you can't go wrong.
Tap, tap, tap to any song.
Danny and Al bring hours of joy to every tapping girl and boy.



前に戻る

レコードメインに戻る

次を観覧する
inserted by FC2 system